top of page

アドラー心理学を学びたいあなたへ 〜第4章 感情と上手につきあう〜

更新日:2023年2月24日




今日はアドラー心理学の12章のワークについて、

具体的にご紹介してみたいと思います。


資格を取得することはもちろん、


お好きな章を選んでいただければ、単発でもセミナーを行うことが出来ます♪

※団体様でも個別でも可能です。


ぜひお気軽にご相談くださいね!


この記事のテーマは「第4章 感情と上手につきあう」についてです。





 




「怒り」などの感情を持ったとき、


ついつい相手を傷つけてしまったり、

言いすぎてしまうことってありますよね。



子どもにガミガミ、、、


旦那さんや奥さんについついガーっと言ってしまったり、、、


ついには職場で怒鳴っちゃう!


なんてこともあるかもしれません。




冷静になってあとで後悔。。。


どうしてあんなこと言ってしまったんだろう。。。


感情のコントロールって難しい。。。



生活の中でこのような後悔に

直面することがあると思います。



このワークでは、私たちの「感情」と上手に向き合うコツを学びます。


感情は実は2段階に分かれていて、


どの感情にも必ず「目的」があります。


「どうしてその感情を抱いているのか」ということに理由があるんです。



自分自身の中に湧き上がった「感情」を

一度、客観的にひもといてみましょう。


感情の目的がわかると

根本の問題を解決することができます。


伝える言葉が変わってきます。



どのように相手に伝えたらよいのかということも

一緒にお勉強しますので、すぐに実践できますよ♪


まずは自分の感情を深読みすることから、

問題が解決していくはずです!





《 受講生にいただいた感想 》


怒りの感情の下にいろんな一次感情があることを知った。

自分の気持ちをしっかり相手に伝える事は難しそうだけど、

少しずつ訓練して身につけていきたいです。

(20代 女性)



いつもYOUメッセージばかり使っていたかもしれない。

冷静になって一次感情は何かを考える習慣を作りたい。

自分も相手もOKになれるように、

お願い口調で話せるように努力する。

(20代 女性)



怒りの原因(一次感情)を知り、

伝えることだけで終わるのではなく、

託す思いも加えて伝えることで

相手も気分が良くなることを知り、発見でした。

(30代 女性)



怒りの感情との向き合い方がとてもわかりやすくよかった

(50代 女性)



どうしても自分の気持ちを中心に考えていたのかな?とふと気がつきました。

相手にも考えがあっての行動だったんだなと。

心にゆとりをもっていきたい。

(40代 女性)



普段からなるべく怒らないようにと思っていて、

いつも楽しいことを考えています。

でも感情に任せてバァ〜〜〜っと怒った後の反省は

本当に心が痛く、とても疲れます。

だから家では楽しいこと(笑っていること)を考えています。

相手のことも考えるようにしていきます ^^

(40代 女性)



イライラすることが多いので、

一次感情について考えてみたいと思います。

(30代 女性)



私は主張的と思っていなかったのだが、

主張的との数値が出て、少し不思議だ。

一次感情に気づくことは難しいが、

少し冷静に考えると「心配」「不安」「悲しみ」があることに気がつく。

これは自分自身に対しても同じことが言えると思いました。

(50代 女性)



怒りには色々な感情が潜んでいるということがわかりました。

すごくわかりやすく説明してもらえてとてもよかったです。

(40代 女性)



意外と一次感情を探る思考は毎日やっているように思います。

でも、私もOKのメッセージは言えていないので、

是非習得したいです。

(40代 女性)



一次感情に気がつくために

一呼吸入れるクセをつける訓練をします。

(40代 女性)



一次感情を自分で無視しがちなので、

しっかりそれを分析し、相手に上手に伝えられればと思います。

(20代 女性)



 






↓↓↓ クリックすると各12章のワークについて

ご紹介している記事をご覧いただけます♪ ↓↓↓




















Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page