top of page

心理学に依存してしまいそう。の対応策





私が担当させていただく講座では、


「心理学」に興味を持ってくださる方が多いのですが、


今回はそんな心理学を学ぶ方から


こんなご相談を受けました(^^)



心理学をたくさん、深く学びたいのですが、

そうすると心理学ばかりに頼り、依存しそうで怖いです。

自分が成長して強くなるには、

どのようにして心理学を学び、向き合えばいいですか?



ご質問ありがとうございます(^^)


私も学びはじめの頃、


同じような気持ちを持っていた気がしますので、


あの頃の私に伝えてあげたいことをまとめてみますね笑



きっと心理学を学んでいる方はたくさんいらっしゃるので、


あくまで「私の場合」ですが、


私自身の考えをいくつかご紹介いたします♡





1)自分自身の感情を分析してみる



私が心理学にはまったのは、


きっと私自身が「傷つきやすい」からだと思っています(笑)



例えば、


心理学を学びはじめた頃の私の心の中には


こんな気持ちが渦巻いていたかもしれません。



・人に嫌われたくない


・いい子/優等生でいたい


・自分の存在価値が欲しい


・劣等感がある


・認められたい



でもこれは悪いことでは無く、


努力の源になる大切な気持ちです(^^)


直そうとするのではなく、

理解してあげることが大切です。



この気持ちがあるからこそ、

心理学に興味があるし、頑張れるのです♪



あなたの場合は


「依存しそう」という気持ちの奥に


どんな感情があると思いますか??



その感情を知ることは、


同時に自分の強みを知ることにもなります♪



まずは自分自身の気持ちを知るのは


とっても身近な練習問題です笑


ぜひ一度考えてみてくださいね(^^)





2)体験から学ぶという姿勢を大切にする


心理学を学びはじめると、

様々なスキルや考え方と出会います。


私はできるだけ


「頭」で理解するよりだけでなく「心」で理解したいなあ


と思っています。



本を読んでみたり、

情報を得たりして学んだスキルは

「頭」で理解する ということです。


まずはここから始まりますが、


「本当に〜〜〜??」と疑ってみることも大切です笑



「心」で理解するには、


自分で実践することが一番近道だと思います。


実際に自分自身で体験してみて、


どんな感情になるか。


体験してみると


机上の空論で(こうだろうな〜)と思っていたことも、


意外と別の答えが見つかったりすることがあります。



なんだ、こんな感じか〜!!

と腑に落ちることも(^^)


ぜひ「頭」の次は「心」で感じてみましょう♪





3)自分の体験は全て学びに繋がる


「傷つきたくない」私にとって、


心理学を学んで一番よかったと思えることは、


自分のどんな体験も、全て学びに繋がることです。



成功や失敗、


泣いたことや笑ったこと、


喜んだことや嬉しかったこと、


悲しかったこともくやしかったことも、



全て誰かの気持ちを理解することに役立ちます。



そう思えると「傷つくこと」


悪くないなぁと思えるようになりました笑



私が落ち込んだとき、

自分自身を励ます一番の言葉は


「この経験が同じ想いをしている誰かの役に立つ!」笑



そう言い聞かせて次の糧にしていますよ(^^)





同じ心理学が好きな人として、

何かお役に立つことはありましたでしょうか??笑


心理学を学ぶことはとても良いことだと思います♡


ぜひその探究心を捨てずに、

お互い上手に学んでいきたいですね♡


Kommentare


bottom of page