子どもの「LINE」返事が返ってこないとき




クリスマスのイルミネーションやBGMが多くなり、

ワクワクする大好きな季節(^^)


色と心の専門家 我那覇 奈緒(がなは なお)です。


今日はご相談いただいた「LINE」の返信がない娘さんへの

対応法について考えてみましょう♪





 




◆Question

娘に気に入らないことを言うとすぐに怒ってしまい、

LINEで返事を返してくれないことがあります。

ヨイ出しが私に足りなかったのでしょうか?


娘さんからLINEやメールの返事がないと、

どう思っているのかしら・・・と不安になってしまいますよね。


このとき、


(子どもの頃にもっとヨイ出ししてあげれば・・・)

(私の育て方が悪かったのかしら・・・)


と原因に注目するのは「原因論」というアプローチです。


アドラー心理学では

原因よりも目的に注目をする

「目的論」のアプローチで考えてみましょう♡


(子どもの頃にもっとヨイ出ししてあげれば・・・)

(私の育て方が悪かったのかしら・・・)

と思ったところで、

もう過去に戻ってやり直すことは出来ないんです><


目的論では

「LINEの返事をしない」という娘さんの行動には何か目的がある

と考えます。


例えば下記のような目的があるかもしれません。


・お母さんに気持ちをわかってほしい


・問題に介入しないでほしい(自分で決めたい)


・心配をかけたくない


どういう目的で娘さんはLINEの返信をしないのでしょう。


そういう目線で見てみると、

娘さんの行動が少し違って見えてくるかもしれませんよ♡





ポイントは

・どうして返信をしてくれないのか(原因)

に注目するのではなく、

・どういう目的で返信をしてくれないのか(目的)

です。


そうすることで、

娘さんの気持ちをキャッチしやすくなりますし、

代替案も出やすくなります(^^)


もし、どうしても心配であれば、

「どうして返事しないの!?心配するでしょ!」

と怒ってしまうのではなく、


「お母さんの言ったことが納得いかなかったんだよね。

でもLINEで返信が無いと何か事故でもあったのかな?と思って心配だよ。

あなたの気持ちが向いたときでいいから話してくれると嬉しいな。」


など私メッセージで伝えてみましょう(^^)


最初に「お母さんの言ったことが納得いかなかったんだよね。」と

共感の姿勢を伝えることもポイントです♪


そうすることで、

(お母さんはあなたの味方)ということを伝えることができます。


※否定から入ると(どうせわかってくれない)と

聴く耳を持ってくれません><


ご質問からはお子さんの年齢がわからなかったのですが、

まさに思春期のときには、よくこういう対応をしてしまいます。


思春期を色で例えるとまさに「黒」


「今はコミュニケーションをとりたくない」

という「黒」の気持ちが強かったりするんです。


もしかするとこちらの動画も参考になるかも?

今度、思春期の対応についてもまとめてみますね。


Aoiのハッピースカイブルー「白と黒って悪い色?」《動画》





 




お母さんがこんなに真剣に心配しているお気持ち、

ぜひ娘さんにも伝えてみてください(^^)


こちらがまずは「共感」をすれば、

娘さんも少し心を開いてくれると思いますよ♡