top of page

ケンカのときにすねちゃうよりも効果的な方法






桜が見頃の季節ですね!

色の専門家 我那覇 奈緒(がなは なお)です。



人様にお伝えする前に、

私もよく当てはまることなのですが、


ご家族など良く気心が知れた方と空気が悪くなってしまったとき、


(態度でわかってよっ!!)


(言わせないでよっ!)


って思うことありませんか?笑



私も今でもたまーに不機嫌になってしまい、

「何?怒ってるの??」と言われることあります。あります。笑



でも、本当はこの対応、

状況を長引かせてしまうんです。




夫婦喧嘩を例にとって考えてみましょう♪



例えば家事をしてくれない夫に対して、

妻が怒っているとします。


ここでは「洗濯物が山になっているのに畳んでくれない」と

イメージしてみましょう。



このときよくあるのが、


「何か気づかない??」


と言ってみたり、


「この散らかってるのを見てあなたは何も思わないの!?」


と怒鳴ってしまう。なんてことありますよね。



旦那さんからすると


(今、仕事が忙しいんだよ!家でぐらいゆっくりさせてよ)


(これぐらい生活に困らないだろ。ヒステリックで困る)


と思ってしまうかもしれません。



そうするとお互い不満を持ちながら

旦那さんが渋々やったとしても

(ほんと、言われる前にやってよね!)と

感謝の気持ちも生まれないままになってしまいます。



さて!

このときどういう対応にするとお互いwin♪win♪になれるのでしょうか!




私たちの感情は複雑で、

「散らかっても片付けない夫に怒る!!」

という「怒り」の感情の底には


「もっと家事に協力的になって欲しい」


「自分の頑張りを認めて欲しい」


「この先に対する不安」


というような本音の感情があります。



本当はその気持ちをポンっと伝えてしまえばいいだけなのです。




「私も最近忙しくて、出来ればもう少し家事を分担できると嬉しいんだけどどうかな?」


そんな風に伝えると言われた相手はどう思うでしょうか?


大半の方は「◯◯だったらもう少しできると思う」と

一緒に解決策を考えてくれると思います。





「自分から言うのは尺だ」


「気づいて欲しい」


「自分で考えてくれないと意味がない!」


なんて意地は捨ててしまいましょう!笑




「あなたも片付けてよね!」と言ってしまうより、

よっぽど早く根本的に解決しますよ♪



これは誰に対しても一緒です^^


お子さんに対して

ご両親に対して

職場の上司や後輩に対して



ぜひ「怒り」の底にある本当に伝えたいことに

注目してみてくださいね。

コメント


bottom of page