カラーパンツでも着やせできる4つの方法

更新日:3月1日




春夏になると挑戦したくなるのが

「カラーパンツ」ではないでしょうか?


最近はパステルカラーや派手色のキレイめパンツも

よく見かけるようになりました!


いざ挑戦したいなと思っても

「膨張色って太ってみるのでは??」

「下半身が大きいので私にはカラーパンツは向いてない」

と気になってなかなかゲット出来ていない方も多いのでは?


こうやって書いてる私も下半身太めなので

これは私も良く実践している方法をお伝えします!



 


①センタープレスの形を選ぶ


カラーパンツを選ぶときに、細身でもワイドでも良いのですが、

「センタープレス」といって

パンツの真ん中に縦の折り目がついている形はおすすめです!

それだけで脚長効果が期待できますよ!

特にパステルカラーなどの淡い色に挑戦するときほど

重要視してみてくださいね!


②ロングアウターでラインを隠す


カラーパンツだけでなく、

パンツの外側のラインが気になる方におすすめなのが、

ロング丈のアウターです!

お尻のラインまで隠れるようなコートは

下半身の気になる方はマストアイテムですよね(笑)

夏の暑い季節なら袖なしのベストや

大判のストールなどをかけるだけでも

お尻から太ももにかけてのアウトランをごまかすことができますよ!


③濃いめのカラーを選ぶ


「膨張色」と「収縮色」って聞いたことがありますか?

白が多く入った色は大きく見え、

黒っぽい色は小さく見えるという錯視現象の一つです。

これはモノトーンだけではなく、

色味のついたものでも当てはまります。

カラーパンツも濃いめの色や

深みのある色を選ぶだけでほっそり見えるますよ!


④トップスにボリュームを持たせる


これはカラーパンツの中でもワイドな形よりは

細身のタイプを選ぶと効果が高いです!


カラーパンツで少し膨張して見えたとしても、

トップスにボリュームを持ってくることで

バランス良く見せるという方法です。


袖がフレアになっているものや

オーバーサイズの服を少し前の方だけインして

合わせてみるなど、ボリューム感を意識してみてください。



 

いかがでしたか?

少しでもカラーパンツのハードルが下がったなら嬉しいです(笑)

ボトムにもキレイ色なアイテムを選べるようになると

コーディネートの幅が一気に広がります!

カラーパンツはやっぱり苦手という方は、

フレアスカートの方が下半身は目立ちにくいので、

またそれは別の機会にご紹介しますね。


ぜひ皆さんのクローゼットに

キレイ色なアイテムが増えていくことを願っています♡