top of page

お店で駄々をこねちゃうピンクちゃんの心境っ!





だいぶ暖かい日が増えてきましたね〜!!

色の専門家 我那覇 奈緒(がなは なお)です ^^


よく、ピンクや水色のお話をするときに、


『「ピンク」という色を理解するには、

原型の「赤」を理解するとよくわかりますよ〜♪』


というお話をするのですが、


先日お店に来てくれた女の子がまさにピンクちゃんでした!




幼稚園生の女の子だったのですが、

お店に入ってからすぐに「こんにちはー💕」と挨拶も上手にしてくれて、

まさに「甘え上手」のピンクちゃん♪



おばあちゃんと一緒にお立ち寄りいただいたのですが、

彼女がとっても気に入ったキーホルダーがあったんです。


(それも、まさにピンクのハートのキーホルダーでした ^^!!)



おばあちゃんにどうしても欲しいと可愛くおねだりをして、

1つ買ってもらったんです!



買ってすぐに上機嫌で

「カバンにつけようかな〜♪」と話をしていたそのとき!!



ピンクちゃんの目に色違いのキーホルダーが入ってしまったんです!笑



「仲良しのお友達にあげたい!!」と

おねだりをしてみるも、

もちろんおばあちゃんの答えは即NO!!!


その瞬間、ピンクが赤に豹変したんです 笑



ぐずっておばあちゃんをポカポカ叩いて駄々をこね、

最後には「もういいっ!!!」と言ってお店を飛び出してしまいました!



せっかく1個目のキーホルダーを買ってもらったのに、

イライラで帰ってしまったんです。


おばあちゃんにとっても、

せっかく孫の喜ぶ顔が見たくて買ってあげたのに、

「おばあちゃん嫌い!!」とまで言われてしまうなんて悲しいですよね。




このときどのように対応すればよいのでしょうか??




大人の目線からすると


(幼稚園生にしては高価だからこんなすぐに買っちゃダメ!)


(我慢も覚えなさい!)


という愛情からくる行動なのですが、

子どもたちにはなかなか伝わりません。





子どもたちの目線では、単純明解!


(かわいい!大好きな◯◯ちゃんにあげたいっ!)


なのです。




頭ごなしにすぐ「ダメ!!」と言ってしまうと、


(かわいい!大好きな◯◯ちゃんにあげたいっ!)


と思った気持ちを否定されたと思ってしまい、


(おばあちゃんの分からず屋っ!!)←古い?笑


となってしまうわけです。




「◯◯ちゃんにあげたいんだね〜!優しいね。」


と一度ピンクの気持ちを受け止めて


「でもね、これはちょっと高すぎるな。

他のもので◯◯ちゃんにプレゼントすると喜びそうなものはない??」


と転換してあげると



(おばあちゃんは私の気持ちを尊重しようとしてくれてる!)

と気づき、本当はキーホルダーをあげたかったけど、

じゃあ◯◯にする。と代替案が出てきます。



最初の(大好きな◯◯ちゃんにあげたいっ!)という気持ちを達成できると

この子の自己肯定感はアップするんです💕


よくスーパーなどでも見かける光景ですが、

ちょこっとだけ言葉を選んであげるだけで、

正しく愛情が伝わりますよ♪



ぜひ試してみてくださいね!

Commentaires


bottom of page